最近の流行?ノンシリコンシャンプー感想

ノンシリコンシャンプーの勢いは強まるばかりで、ドラッグストアに行くとずらりとノンシリコンシャンプーが並んでいます。

 

1日お試しのシャンプーとリンスのセットが売っていたり、とにかくパッケージが綺麗で興味を引きます。

 

普通のシャンプー・リンスの売り場がどんどん狭くなっていっていますね。

 

しかもノンシリコンという響きだけで地肌に良い感じがするし、自分を磨いている感じがします。

 

私もまずは1日お試しシャンプー・リンスのセットを5袋購入し、試してみる事にしました。
せっかくなので色々なメーカーのものを購入し、楽しみながら試します。

 

 

しかしどれを使ってもシリコンタイプと違いが分かりません。なんとなくふんわり軽い様な・・・でもこの感覚は、シリコンタイプのシャンプー・リンスを選ぶ時も同じ感覚でえす。久しぶりにシャンプーを買えた感覚。

 

 

何となく軽い様な良い感じの様な・・・でもハッキリ言って劇的な変化なしです。

 

これは私が鈍感だからでしょうか?決してそうではなく、ノンシリコンと謳っていても石油由来の界面活性剤が配合されていれば、結局シリコンタイプのシャンプーと変わらない様です。

 

 

でも値段は倍近くしますよね?宣伝費用やパッケージ、香り成分にコストが掛かっている可能性があります。

 

 

値段が高いだけで、髪や頭皮には全く良い効果はないのです。

 

【ラウリル硫酸Na・スルホン酸Na・コカミドDEA・ポリオキエチレンアルキルエーテル硫酸塩・キシレンスルホン酸カリウム・パレス-3硫酸Na】これらの成分が記載されていたら要注意!私の様にイメージだけに踊らされずに、成分をしっかりチェックして購入するのが成功の鍵なんだと思います。そして私は未だにシャンプージプシーで、ネットなどで良い製品がないか調べまくっています。ネットだと実際に使った人の評価が見れるので、良く吟味して決めようと思います。

 

サロン選びも難しいくらいたくさんあります

脱毛をしたい時、様々な悩みが出てくると思います。

 

私の場合、いきなりサロン選びに悩みました。

 

サロン選びというかもっと大きく、エステサロンで脱毛するか美容外科やクリニックで脱毛するか悩んだのです。

 

エステでの脱毛と美容外科やクリニックでの脱毛、一体何が違うの?と思う人もいると思います。

 

私も実際そう思った1人でしたが、調べると結構大きな違いがあるのです。
ざっくり言うと、エステサロンは医療機関ではありません。

 

エステティシャンが施術を行います。一方美容外科・クリニックは医療機関で、専門の資格がある人が施術を行います。脱毛機器にも違いがあり、エステサロンで使用している脱毛機器はレーザー脱毛で、レーザーの出力が高く施術時間が短いです。

 

 

その上毛根を確実に破壊していく為に、脱毛に通う回数も少なくて済みます。
しかし個人差がある為、かなりの回数をこなしてやっと毛が少なくなっていくという人もいます。

 

 

次にエステの光脱毛(エステによってフラッシュ脱毛など呼び名は様々だが根本は一緒)ですが、強い照射力のある脱毛機器を使用する事は禁止されています。ですから美容外科・クリニックよりも脱毛期間は長いと考えておいた方が良いです。

 

 

こうしてみると美容外科のレーザー脱毛の方が圧倒的有利かもしれません。

 

しかし実際はエステで脱毛している女性の方が多いです。何故医療系の資格もないエステティシャンに何回も施術してもらう方を選択するのでしょうか?まず1つは料金で、エステの方が圧倒的に安いです。

 

 

無制限のプランを提案しているサロンもありますので、通う回数は多くても安い方がお得です。

 

 

レーザー脱毛より痛みが少ないのもエステの特徴ですし、医療機関じゃないとしても、病院と提携しているサロンもあります。しかし技術不足で火傷を負わすなんて事も無きにしも非ずなので、優良サロンを選ぶ様気を付けて下さい。

 

恥ずかしがらずにやってみよう

これまで私は、性病の検査は病院か保健所でしか行っていないと思っていました。しかも自分には縁がないと高を括っていたので、性病検査の知識なんて全くなかったのです。

 

しかし最近おりものの状態がおかしく、臭いもありました。痒みもあって不安な日々を過ごしていたのですが、恥ずかしさや面倒な気持ちが拭えず、性病と正面から向き合う事から避けていました。

 

 

漠然とした不安をかかえたまま数日間を過ごし、居たたまれない気持ちが強まって友達に相談したら「一緒に調べてみよう」と言ってくれて、当てはまる症状をネットで調べてみました。するとやはり性病に当てはまります。これはもう目をそらす事は出来ない・・。涙がポロポロ出ている私の傍で、友達はずっと肩を抱いていてくれました。

 

 

病院へついて行ってあげると言ってくれた友達でしたが、友達だって仕事などで忙しいのが現実です。これ以上友達に甘えられない。でも病院は怖いし恥ずかしい。妊娠もしていないのに婦人科へ行くなんて、女性として最低最悪なんだろうな・・・もう絶望的でした。

 

 

すると友達が「まだ100%性病だと決まった訳じゃないんだし、とりあえず性病検査キットで検査だけしてみたら?」と言いました。性病検査キットという存在を私は知らなかったのですが、この様なキットを自分で購入し、自分の血液や粘膜の一部などを採取して検査機関に郵送する方法があるのだそうです。

 

 

後日検査機関から陰性か陽性かの知らせが郵送できたり、自分でオンライン確認します。陽性の場合は病院で治療するという流れになります。

 

 

自宅にいながら性病検査が出来る点と、匿名なので誰にも知られないという点がメリットだと思いました。色々なサイトがあるので価格にばらつきこそありますが、そこまで高価ではないのも有難いです。

 

 

とりあえず検査キットで検査してみようと決意し、良さそうなサイトを選んで検査キットを購入しました。検査キットの存在を知って良かったです。だっていきなり病院へ行くところでしたから。まだ検査キットは届いていませんが、届いたら友達に助けてもらいながら検査したいと思います。

更新履歴